読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GMOペパボに入社しました。

 

退職エントリーを初めて書いてみます。 

 

5/1よりGMOペパボに入社しました。ハンドメイドマーケットサービス「minne」のモバイルアプリケーションエンジニアになる予定ですが、今は「ペパボカレッジ」という第2新卒向けの研修制度を利用し、もりもりAndroidのお勉強中です。

前の会社の話 : なんでもやってくエンジニア

大学院を卒業し、新卒で入社し、3年間エンジニアをやりました。サーバーサイドの開発だったり、モバイルだったり、インフラだったり、振り返ると本当になんでもやっていた。あとは全社員向けのスピーチコーナーみたいな場面で爆笑取って、年間賞もらったりした。とりあえず、与えられたことは何でもやってくスタイルだった気がする。

 

その中でも結構な時間、AWS周りのインフラに携っていて、世の中が「クラウド!クラウド!」みたいになっていく様を肌で感じることができたことが面白かった。入社2年目で、ラスベガスで行われるAWS re:Inventを観覧しに行かせてもらったりして、凄く刺激的だった。Amazonの本社の人の企業理念の話とか、新サービスが発表された時の会場の熱気とか。サービスを発表して、勝手にエンジニアの誰かが記事をまとめてくれて、みたいなエコシステムってこうやって出来るんだなぁ、盛り上がってる空気感って意外と大事なんだなぁとか思った。

あと印象に残っているのは3年目に、新卒エンジニア向けに研修プログラムを立ち上げて、メンターみたいな役割になったこと。それまでの研修内容を全部変えて、毎日、新卒と朝会して、KPTで振り返って、面談して、弱み強みなどを自覚させて、配属先の調整もやったりして。一つ一つしっかりと情熱を持って出来たと自負している。教えた6人の新卒のことは一生忘れないと思う。みんな大好き。

 

 

転職のきっかけ : 成長したい

そんな新卒研修が終わる頃、ふと「次は何をしようかな」と考えて。以前、外部のハッカソンに出て、スピード感を持って開発出来なかったことや、作り上げることが出来ないことがあって、それがめちゃくちゃに悔しかったことを思い出した。

「もっとがががっと作り上げる技術力を身に付けたい。デザイナーとかの要求にババっと答えちゃう感じになりたい!」とかふわっとしていたことを思っていたところ、GMOペパボからお声がかかった。そんでもって、たまたまそういった「成長したい!」と考えている人用のカリキュラムがあることを知り、入社に至った。

サクッと書いていますが、初めての転職っていうこともあって禿げるくらい相当悩んだ。別に前の会社に不満とかは無かったし、寧ろ良くしてもらってばっかりだったので。ただ、GMOペパボは以前から知っていたし、いちいちマインドとか理念に共感することが多く、そのような会社で働いてみたら、より成長できるのでは?20代最後の3年間だぞ?と思って決意した。

 

ペパボに入社して2週間経った感想

一言で言うと、すんごく気持ち良い。特に良いのは、何事も情報のオープン化が徹底的に進んでいて、人事的な評価とかもぜんぶ閲覧可能だったりするところ。そういった情報があると「あの人を目標にしよう」とか思った時に、その人がどういうアクションを取っているのかが分かって、成長の計画を立てやすい。

成長したいって思っているけど、どうするのが良いのか分からないってエンジニアの方には最高な環境なんじゃないだろうか。

 

 

転職をしようかなと悩む20代のエンジニアの方へ

勇気を出して、社外の人と話してみたら良いと思います。後は、一生懸命に目の前の仕事をやっていたら、社内に一人くらいは戦友が出来ると思うので、その人には腹を割ってぜんぶ話してみたら良いのでは、と思います。そこから色んな道が開けるのでは、と思います。自分は、そうでした。

 

GMOペパボでは絶賛、エンジニア募集中です。是非是非!

 

pepabo.com

 

* この記事は誰かに怒られたら消します。