カブトムシのつぼ

アウトプット・アウトプット・アウトプット

Androidアプリの画面のキャプチャをコマンド一発でPCに転送する

Androidアプリを開発してて、端末の画面キャプチャをPCに送りたい場面って多々あると思います。

僕はそうしたい時はPushbulletを使ってたのですが、もっと良い感じにコマンド一発で出来ないかなぁなんて思っていたらありました。

Android Debug Bridge (adb) | Android Studio

ちゃんと公式を見ようぜって話でした。本当にいつもいつもお世話になります。

スクリーンショットを撮る

端末がadb接続されていることを確認し、以下のコマンドを打ちます。

$ adb shell screencap /sdcard/screen.png

/sdcard/screen.pngというのがスクリーンショットした画像ファイルが端末に保存されるところなので、パスとかファイル名は良い感じにしたら良いと思います。

スクリーンショットを端末からPCに送る

$ adb pull /sdcard/screen.png

あとは、上記のコマンドをまとめたエイリアスなど作って、ファイル名をタイムスタンプにしたりすればコマンド一発でスクショがPCに転送出来そうです。Amazingですね。

ハトにフランスパンをあげる

 

www.nhk.or.jp

 

元旦恒例の「大人のピタゴラスイッチ 想像力としかくい穴」が今年も放送されていて、録画したのを昨日見た。面白かった。

 

日常生活の中で、「これはきっとこうなるだろう」と想像したものが実際やってみると「そうなるのか!」というのがテーマで、想像と現実のギャップが面白い映像とその解説の数々だった。

 

中でも印象に残ったのは、「ハトにフランスパンをあげないでください」の話。

 

実際どうなるかというと、動画の通り。

 

www.nanigoto.net

 

www.youtube.com

 

ギャップはありましたか?

 

途中まで、「想像してみても、結局、実証してみないと分からないこともある」っていうのが今回のテーマの伝えたいことなのかなと思って見てたけど、あるキャラクターが「私たちは、想像する時に物事の起点と終点だけを考えて、終点にたどり着くまでの過程を考えるのを抜かして考えてしまいがちだ」と言っていて、そっちかってなった。

 

とても面白かったのでぜひ色々な人にみて欲しいのですが、たぶん違法アップロードされた動画しかインターネットにあがってないので、再放送を期待するか、来年の新作まで待ってください。それでは。

Inkdropを使ってみてる


www.inkdrop.info

 

 僕は何かを見たり聞いたりすると、自分の頭で分解したり推測して色々な可能性を考えている内に寄り道してまいがちなので、整理のために今考えていることを書き出してしまうことが多い。

 

そのため、エディタをよく使う。これまではよくkobitoというQiita投稿用のスニペットでメモしていたのだけど、自分のモバイルの端末とシュッと同期出来ないのが難点だったので、探したら、Inkdropという個人で作ったマークダウンエディタが60日間だけ試せるようなので、先ほどダウンロードして使ってみてる。

 

確かに同期は出来るようで便利という感じだったけど、思ったよりシンプルでなく、色々出来てしまいそうな印象を受けた。ただ、無料お試し期間の内は、使って見る。

お正月とか今年とか

 

・お正月は妻の実家にいた。特に何をするわけでもなく、ご馳走を食べて、ゴロゴロして子供の面倒をちょっと見る、をひたすら繰り返すだけだったので、凄く幸せな時間だった。

 

・ここ数日間、今年の目標、というか、あと2年ぐらいで30歳になるけど、それまでにどうなっていたいかを真剣に考えていた。今までのらりくらりと生きてきたのだが、今の会社では割と自由に振る舞える分、自分をどう成長させていきたいかを今まで以上に具体的に決めたほうが時間を有意義なものに出来ると思ったからだ。

 

・まだ目標は固まりきってないけど、都度都度見直すから良しとしてる。今年は戦略立てて、実行していきたい。

2017、個人的なベスト音楽10

2017年も今日で最後の日となりました。早い。

去年一昨年3年前と気に入った一年分の音楽をまとめておこうと思って書いております。

来年も良い音楽との出会いがありますように。

結果発表

10位 Answer / sumika

9位 ハッピーウェディング前ソング / ヤバイTシャツ屋さん

8位 愛×Happy×クレイジー / アカシック

7位 メッセンジャー / サイダーガール

6位 残ってる / 吉澤嘉代子

5位 カメレオン / 赤い公園

4位 これから / コレサワ

3位 式 / 岡崎体育

2位 Mellow Out / In The Blue Shirt

1位 ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP


書くの完全に忘れてて、さっき思い出したので(2017/12/31 21:00)ババっと書きました。良いお年を。来年もよろしくちゃんです。

 

 

社員旅行に行ってきたよ

 

1泊2日の社員旅行に行ってきました。

 

宿の露天風呂が良かったです。写真の通り、下に人がいるのが見える感じだったけど、望遠鏡でこちらを覗かれたら色々見えてしまうのではということが気になりました。

f:id:namaninotiteti1026:20171228073234j:plain

 

 鴨川シーワールドはちょうど良い感じの水族館でした。

f:id:namaninotiteti1026:20171228093336j:plain

f:id:namaninotiteti1026:20171228093051j:plain

 

社員のみなさん、今年もおつかれさまでした。来年もよろしくちゃん、という気持ちです。

のっていき -> やっていき

 

「やっていき」とはリーダーシップを発揮し、行動で示すことで周りに良い影響を与えることだ。それに対し、「のっていき」とはフォロワーシップを発揮し、リーダーの考えを理解し、それにのっかる形で影響を広げることだ。

 


そんなことを話しているこの3分間のプレゼンが本当に好きで、何度でも見てしまう。

 

仕事をしていて思うのは、「やっていき」は、ある程度鈍感に「まぁ、出来るでしょ」と自分を信じている人ほど得意なのだと思う。あまり、周りにどう見られるかなんて関係ないっていうメンタルを持っている人ほど「やっていき」傾向が強い。

 

社会では、いつもこの「やっていき」のリーダーシップが求められがちだ。就活では、グループディスカッションで率先して議長になった方が受かりやすい、と、どの就活マニュアル本にも書いてあった。

 

では、みんながみんな「やっていき」を発揮すれば良いかというと、そうではなくて、それに対しての「のっていき」も非常に重要である。個々がこなせる量には限界があって、ひとりがただただ「やっていき」を発揮していても一向にスケールしないからだ。

 

だから、自分が「やっていき」が苦手だなって思うなら、意識して「のっていき」を実践していけば良いのではと思う。「やっていき」も「のっていき」も同じくらい価値があるはずだ。

 

と、思って実は今まではフォロワーシップを意識していたのだけど、そろそろリーダーシップにも向き合わないといけないなというのが最近です。失敗しても良いからとにかくやっていくぞという感じ。

 

 

(参考です)