カブトムシのつぼ

茹で蛙防止!

書きながら、育てれば良い

 

最近、良く思う。

 

良く言われることだが、コーディングをし始める時に、最初から綺麗なものを書こうとするのではなく、とりあえず仕様を満たす、動くものを作ってしまった方が、断然良い。

 

で、同じ処理を束ねたり、命名を考えたり、コードを短くしたり。他人が読んでも分かりやすいものに近づけていく。

 

まず、そのまっとうな一連の流れをきちんとこなせるようになってから、その流れのスピードを早くしていって、その流れを何度も繰り返していく内に同じような実装のパターン自体をまとめていったりが出来るようになるのだと思う。

 

と、書いている内にHUNTER×HUNTERのネテロ会長の感謝の正拳突きの話みたいだなって思った。

 

matome.naver.jp